【駅スタンプ目録】JR笠置駅 (京都府) のスタンプ情報録。

笠置駅(かさぎえき/Kasagi Station)の駅スタンプの情報、およびその関連情報をまとめました。

駅スタンプ情報

独自スタンプ

f:id:Kanohama_Kizuku:20211106100918j:plain

2021年6月・鹿野園が押印。

設置場所 【要申告】笠置駅出札窓口
押印受付時間 出札窓口営業中(7:00~17:50)
形態 シャチハタXスタンパー:赤色インク
形状 正円形(W8×H8)
情報確認 2021年10月

「JR関西本線 史跡名勝 笠置山探訪の駅」と「日本のさくら名所100選の地」がデザインされたスタンプ。駅裏手の木津川沿いに笠置キャンプ場があり、その利用者の駅利用も多い。スタンプ下部に描かれる橋は木津川に架かる笠置大橋で、最初にここに橋が架かったのは大正8年、当時としては巨大な吊り橋であった。ちなみに現在はスタンプに見えるようにトラス橋(3径間連続ゲルバートラス橋)に架け替えられている。

背景の笠置山は笠置城跡がある山で、元弘の変の戦場のひとつである。後醍醐天皇持明院統大覚寺統両統迭立など、鎌倉幕府による幕政に不満を持って、鎌倉幕府討幕を狙い正中の変を起こすが、これに敗れる。天皇は再度討幕を狙い元弘の変を起こすが、それさえ成功せず、京都を追われ行在所を置いたのがこの笠置山である。スタンプで山中に描かれている「行宮遺址」と書かれた石碑はこのことを記念して明治時代に建てられたものだ。そして後醍醐天皇はここにあった笠置寺の伽藍を利用して城を築き、「笠置山の戦い」の舞台ともなった。

駅情報

所属路線